大阪府の工場のお仕事を探す方のための派遣会社の徹底比較サイト

職場見学という制度

「派遣労働には会社面接が必要ない」と思っている方も多いですが、実際労働者派遣法において、雇用主と派遣労働者による事前面接は禁止されています。とはいえ、業種や職種によっては求人希望者の書類情報だけでは仕事を任せにくいという事もあり、最近では事実上の会社面接にあたる「職場見学」というシステムが人材派遣業界でポピュラーとなってきているのです。 名目上では職場見学ですが、実際には労働を希望している求人者が会社にとって最適な人材であるかどうかを見極める面接です。ですので、もしも登録先の派遣会社から希望求人案件の「職場見学」を促された時は、一般的な就職面接に行くという意識で事前準備と心構えをしておきましょう。派遣先の会社によって服装は変わってきますが、大抵の場合はビジネススーツ姿で臨むのが基本です。例えカジュアルな服装で良かったとしても、スーツ姿である事は何の失礼にも当たらないので、特に理由が無い限りはスーツを着て職場見学へ向かうようにして下さい。 その他口臭や髪形など、清潔感を意識した身だしなみを心がけておきましょう。職場見学当日は、家族や友人などにアピアランスチェック(外見チェック)をやってもらって下さい。 身だしなみや衛生面以外では、職場見学当日に備えた面接対策もある程度行っておくと良いでしょう。面接慣れしている人なら問題ありませんが、こういった企業面接の経験が少ない若年者の場合、面接時に緊張してしまい思ったような自己アピールができなくなる事も珍しくはありません。せっかくの希望求人応募ですから、萎縮する事の無いしっかりとした自己アピールができるよう備えておきたいところです。サポートのしっかりしている優良人材派遣会社であれば、一般企業をベースとした面接対策もプロデュースしてくれるはずです。ドアノブの開け方から椅子への座り方、一般社会人が求められる基本的なマナーや礼節などをじっくりレッスンしてもらって下さい。 その一方で、面接当日に向けてモチベーションを高める努力も同時並行してやってみるのを推奨します。いくら社会人マナーが完璧であっても、就業意欲が低く見られてしまったり、根本的に元気を感じられない人材というのは企業側も雇いたいとは思いません。モチベーションを上げる方法は色々とヒントが世に出回っていますから、派遣会社のアドバイスと併せて色々なやり方を試してみて下さい。 気軽な雇用が魅力的でもある派遣労働ですが、中にはこういった「職場見学」という形で面接を行っている慎重な雇用先も存在してます。逆に言えばしっかりと人を見て決める会社であり、働きやすい環境である可能性も高いです。登録している人材派遣会社から職場見学を持ちかけられたら、時間の許す限り面接対策を行っておくのが堅実な事だと言えるでしょう。
TOP